愛しい日々のメロディー

事務所担による雑記

「積む」という行為について思うこと


※まずはじめに、私は積むことに反対していません。意見が合わない方は見ないことをお勧めします。
そして、あくまで個人の感想なので積むおたく全員がそう思っているわけではないことをご了承ください。



全滅してしまったコンサートや舞台のチケット、もしくは当たったけど席が思ったような場所ではなかった場合、お金を積んででも買うか否かっていうことは永遠の議題ではないかと思います。ジャニーズに限らずどんな界隈であろうとおたくをやっている限りつきまとうのがお金の問題ではないかなと。


私は積むのは別に構わないと思います。だって楽しみ方は人それぞれだから。

私が嫌だなと思うのはSNSを使って取引をすることです。知らない人と取引をするのは当然だけど、Twitterやブログなんかで知り合う人に取引のために会うことや直接自分の口座を教えて取引をするというのは嫌です。だから仲介業者がいる方が安心する。
Twitterでオークションとかやってる人はいつ他の人が自分より高額出すと言ってくるかわからないし信頼できないから絶対に即決額で取引するサイトを使う方が安心する。

積むってひとくくりにされるけれど、最前列に行きたい人、天井でもアリーナでもどこでもいいから入りたい人、自担の立ち位置を狙う人など様々で人それぞれその人の中でのルールがあったりします。まあお金を出すのは一緒ですけど。その中でどれが正しいとか間違ってるとかいうことはないと思います。


それよりも私が嫌悪感を覚えるのは定価主義おたくからの積むおたくへの糾弾がすごいことです。

積むおたくからしてみれば、自分のお金で勝手にチケットを買ってコンサートや舞台に行くのになぜ知らない人からとやかく言われなければいけないのか意味がわかりません。
なんなら「積むおたくは死ね」とか「一生自担が見れなくなる呪いにかかれ」とかそこまで言われると妬み嫉みにしか聞こえない。(ちなみに実体験です)


チケットを定価で探しているのにだれも定価で譲ると言わないから怒るんですか?定価主義の方は一定数いるからチケットを確実に定価で譲る人もいるわけで。怒ってる人はそういう人を探す手間をめんどくさがっていませんか?とか思っちゃう。私の周りにいる定価主義を掲げているおたくはそんな人が多いような気がします。Twitter拡散希望ツイートをして待ってたら誰かが譲ってくれる(もちろん定価で)、みたいな。上乗せして譲る(売る)人の方が多いことは事実かもしれないけれど、定価主義なら定価主義でその分頑張ってたくさんの人に交渉してみるとかしたらいいのになーと思ってしまいます。


それに、結局積むおたくと積まないおたくの棲み分けができれば問題なくないかなって。


絶対定価でっていう人はいつもチケットを当てるとても強い名義を持っているか、見つからなかったら諦められる強さを持ってる人だと思います。お金で解決してしまうのは自分が弱いからかなって思うこともあります。でも楽しみたいんだもん。自担のことが好きなんだもん。

いつも現場にいるから偉い、とか、絶対定価だから偉い、とかは私にはわかりません。だれに偉いとか偉くないとか言われても関係ないです。自分が楽しくないとおたくやってる意味がない。

定価主義のおたくにポリシーがあるのであれば、積んでチケットを買うおたくにもポリシーはあります。こちらは静かに何も言わずに行動してるのにあまりにも積む行為について糾弾されるとこちらも反発してしまうよ、とちょっと思ったりして。


お願いだから、ほっといてください。
楽しみ方が違う人たちは仲良くはなれないと思うけれど、争わないことはできるんじゃないかな。