愛しい日々のメロディー

事務所担による雑記

ラッキィィィィィィ7を観て思ったこと


重岡くんのうちわを持ちました。
重岡くんのうちわを持つのはとても久しぶりで。
色々なことがあって、重岡くんの目の前で違う人のうちわを持ったこともあるけれどなんか違うなって思ったので今回は重岡くんのうちわでした。

誰のうちわを持つか

ってわたしの中では結構重要なことだったりします。なんだかんだでうちわ持ったらその人が出てる間はあまりにも近くにゼロズレの人がいるとかそういうことがない限りその人を見てるから。
久しぶりに重岡くんのことをロックオンしたコンサートでした。


重岡くんは、デビュー前もデビュー後もほとんどなにも変わっていませんでした。

ずーっと笑顔を絶やさないし、キラキラしてるし、当たり前だけどダンスも手を抜かないし。
わたしが行ったのは横アリラスト公演。前に2公演やったとは思えないほどガッツリ踊っててくれて。
あーやっぱりわたしは重岡くんが好きだなって思いました。

正直、うえすとの売り方というか、関西の売り方って好きじゃなくて。なんでそんなにコントばっかりやらされるのかとか、なんでシングルカットされる曲はあんまりかっこよくない(無駄にキャッチーな関西弁の)曲なんだろうとか、この人たちはほんとはかっこいいのに「お笑い担当」とか「やっぱり関西」っていう扱いで、他のグループがかっこよくガツガツ踊る曲とかをやってるのが羨ましかったりします。ジュニア時代に「NEWSみたいなキラキラアイドルになる」って言ってたのに、「関西はお笑い色強いけどでもアイドルだから」とか言ってたのに(すべてニュアンス)今の売り出し方って、みたいな。


それでも、いくらお笑い担当と言われても、コントやってても、重岡くんはずーっとわたしの知ってるキラキラアイドルな重岡くんでした。


わたしが重岡くんを好きな理由は、いつもぶれずに「アイドル重岡大毅」としてそこに立っていてくれるからだなって再認識しました。
もちろん時が経過していく上で変わっていくこともあるけれど、それは成長であって。絶対にひとつ芯が通っているというか、重岡くんの中でなにか決めたことがあるんだろうなって思えるところが好きです。
重岡くんがぶれずにそこに立っていてくれることで、わたしが不安定な時に安心できたり、いつも同じ距離を取ろうとすることで冷静になれたり、力をもらったりできるんだなって感じます。なんだか神様みたいだね。アイドルは心の拠り所になるんだ。だから日本では女子も男子もアイドルにハマるのかもしれない。

「明日も頑張ろう」とか「みんなが声出してくれたから俺も(地声であいさつ)」とか、当たり前のことをあえて(なのかな?)言葉にしてくれるところが好きです。
疲れたところを見せないし、番組とかDVDのメイキングとかでもあんまりネガティブな言葉を発しないところはほんとに尊敬できる部分だしそれだけ仕事のことを考えていてくれるのかなっておもいます。

なんか重い記事ができたけど、要するに、
コンサートに行って重岡くんにまた恋をしてきた
ってことでした。


ツアーは続きますが怪我とかないように頑張ってください。


\盛り上がれんのかー??/
「「俺ら次第やー!!」」

このC&R考えた人天才