読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛しい日々のメロディー

事務所担による雑記

少クラin大阪(ざっくり)

 

 

一年待ってた!やっときたこの季節

そうです少年倶楽部in大阪!

 

 

今週は前編。

なんというか、あれです。とっても良かった。

 

 

デビュー組が最小限に抑えられてた(前年比)

関西ジュニアによる関西ジュニアのための番組になってたと思いました。

 

 

わたしは関ジュメドレーのNOT FINALEを文一くんが歌い出した瞬間から号泣してました。なぜだ。

 

 

「塚ちゃんと!浜ちゃんの!突撃楽屋訪問!」って最初浜ちゃんって誰だって思った。文ちゃんは文ちゃんだよ。笑 そういえば浜ちゃんだったね(笑) 浜ちゃんと濱ちゃんなんだね(笑)みたいな。

 

 

関西ジュニアには今ユニットがありません。それっぽいのはあるけど。全員が無所の状態です。センターはいるけど。こんな混乱した状況になるのはとても珍しいんじゃないかな...?

新しい子が入って序列が変わったり、最近まで全く音沙汰なくやめたと思われていた人が今やまいジャニ準レギュラーだったり激動の時代です。

 

今ハマったら、楽しいよ(直接的な表現)

 

 

入所の順番で言うと、文一くんを先頭にまとくん(2002年入所)から龍太くん(2003年入所)、丈ちゃん(2004年入所)、こーじ(2006年入所)、そして大西風雅くん(2016年入所)まで幅広く、って打っててここでもうまとくんとふーがくんに干支一回り以上の芸歴の差があることに愕然としてるけど、いろんな年代のジュニアが東京とは違って基本的に全員が松竹座という同じ場所で公演を行なっているというのが関西ジュニアの最大の魅力かなと。

 

 

ライバルだけど仲良しで、全員で一丸となって盛り上げていこうという感覚が東京よりも強いんだろうなと思います。 まいジャニに関ジュ全員出たときはびっくりしたけどな。

 

 

少クラin大阪を機に、ちょっとだけ関ジュに興味を持ってくれた人とかいましたらお近くの関ジュ担(ジャニーズWEST担でも可)に話しかけてみてください。怖くないよ優しいよ。